読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦争あかん!ロックアクション ―戦争法・秘密法廃止!―

【戦争あかん!ロックアクション ―戦争法・秘密法廃止!― 】戦争法強行可決を認めない!戦争法・秘密法廃止へ向けて、ロックアクションはこれまでの団体名を変更、リニューアル再スタートします。

今国会で政府がこっそり通そうとしている【現代の治安維持法】「共謀罪」を知っていますか?

秋の臨時国会で政府がこっそり提出し、騒ぎにならないうちにさっさと通してしまおうと狙っている【現代の治安維持法たる危険な「共謀罪」(テロ等準備罪) 。
共謀罪」って怖そうだけど細かいことはわからないという方、とにかく中身を知って、周りに広めて、大騒ぎをしよう。

2016年9月6日の「戦争あかん!ロックアクション」の集会で、永嶋弁護士からいただいたアピールです。とてもわかりやすいお話ですので、ぜひぜひご覧ください。そしてとんでもないこの法案の危険性をたくさんの人に広めましょう。
大きな声を上げて、なんとしても共謀罪の国会提出を阻止しましょう。


■音声はこちらから■
https://dl.dropboxusercontent.com/u/149608139/160906%E6%B0%B8%E5%B6%8B%E3%81%95%E3%82%93%E7%99%BA%E8%A8%80.MP3

f:id:himitsulock:20160913000626j:plain

 

2016年9月6日(火)「戦争あかん!ロックアクション」集会スピーチより。
共謀罪について」 永嶋靖久弁護士

永嶋です。共謀罪の話をします。
8/26、朝日新聞が朝刊一面トップで 共謀罪、要件変え新設案 「テロ等準備罪」で提案検討」という記事を書きました。ちょっと読みます。

「安倍政権は、小泉政権が過去3回にわたって国会に提出し、廃案となった「共謀罪について、適用の対象を絞り、構成要件を加えるなどした新たな法改正案をまとめた。2020年の東京五輪やテロ対策を前面に出す形で、罪名を「テロ等組織犯罪準備罪」に変える。9月に召集される臨時国会での提出を検討している。」

とこういう記事を書いたわけです。で、26・27日とマスコミがすべて同様の報道を流しました。昨日の新聞記事で公明党の代表が共謀罪の国会提出に理解を示したと、こういうふうに流れています。
ところが政府は慎重に検討していると、その一言しか言いません。
新聞記事でははっきりと、「まとめた」「臨時国会に出る」とかいてある。実際与党の一部議員の間には、政府がまとめた法案が流れています。ペーパーが流れています。しかし一切公式に発表しない。なぜか。
みんなが知らん間にすっと国会通してしまおうと、そういうふうに法務省は考えているわけです。こんな大事なことなのに。
あの市民の自由や人権を脅かす「現代の治安維持法」と言われた法案を国会に出すのに、ぎりぎりまで何も明らかにしない。なんでか。
明らかになったら、三回廃案になったあの法律と実際は同じ法律だ、要件変えた、なまえ変えたっていうけど、おんなじ法律だってことがわかってしまうから、秘密のままにしているわけです。

そしたらその内容は前と同じなのかどうか。簡単に紹介しますね。
いつでもこういう共謀罪のことがでるときは、共謀罪は重大な犯罪を相談しただけで処罰するって始まるのだけど、重大な犯罪かどうか。
これいつも僕言いますけども、公衆便所の落書きの相談、万引きの相談、キセルの相談、こんなんが全部共謀罪に入っています。全部でいまはもう700近いといわれる犯罪の相談が共謀罪になってしまう。

で、今回は前と違って、「準備行為」というのを要件にするから大丈夫ですっていうんですが、本当にそうか。
いまはね刑法に通貨偽造準備罪っていうのがあるんですよ。これは偽金をつくる準備をしたら犯罪になる。どういうことかというと、偽金を作る機械を買いに行く相談をする、偽金を作る紙を買いに行く相談をみんなでする。で、それで納得して誰かが紙を買いに行く、機械を買いに行く。そういうのが準備罪なんです。

ところが今回のこれ、準備罪っていうけれども、相談しただけで犯罪は成立してるんですよ。どんな準備するかという相談はいらない。みんながやってしまおうという相談だけして、みんなの知らんところで誰か一人が、準備行為っていうのは何かというと、何か犯罪に近づいた行為を言うらしいけれども、たとえばATMでお金を引き出す。何のお金かわからないですよ、ATMでお金を引き出す、あ、資金の準備や。電車に乗る、どこいくかわからんけれども現場見に行くんや、もっと言うたら、よっしゃ、と自分で頑張ったら、要するに決意をたかめて準備行為だと言われかねない。
準備行為、準備行為っていうけれども、法案にはなんの縛りもない。
何の身もないものを付け加えているだけです。

それとあともうひとつの売りが、組織的犯罪集団を対象にするというんですけれども、これも新聞読んでもらったらよくわかるけれども、便所の落書きの相談をしたら、そこで組織的犯罪集団が成立するような決め方なんですよ。相談したら組織的犯罪集団が決まる。

繰り返すけれども、結局、要件を変えた、なまえ変えたっていうけども、実際は前の法案とおんなじです。

その前の法案とおんなじということは、便所の落書きの相談、万引きの相談、あるいは電力会社に原発抗議のビラをまきに行く相談。新基地建設反対の抗議行動をする相談。そんなん全部がテロの準備だといえると。そういう法案なんですよ。

おかしいやないか、何がテロやねん。いやいや、テロなんですって。
この前、秘密保護法反対のデモに、これはテロと変わらないと、自民党の幹事長がはっきりいったわけでしょう。
これが、この新法案が、テロの対策だとしたら、これは皆さんの方を向いていると思わないと絶対にだめだと思います。


それと、いままで三回廃案にしたけれども、これまでは今とは違って改悪された盗聴法もなければ、司法取引もなかった。いまは国会で改憲議席が2/3を超えている情勢なわけです。この中で共謀罪が実際に国会で成立したらどうなるか。想像しないといけないと思います。

いまはまだ新聞で記事がでたばかりで、なかなか大きい行動とれてないですけども、とりあえずは法務省自民党に抗議を集中する。大騒ぎする。個人で、団体で、これについて一生懸命勉強してもらって、法務省なんかはホームページに国民の皆さんのご意見を聞くページがあるから、そういうところから一生懸命抗議を集中してもらって、とにかくちょっとでも国会に出させないような運動をしていこうと思います。一緒に頑張りましょう!

法務省への意見はこちらから
https://www.moj.go.jp/mojmail/kouhouinput.php


9/19(月祝)14時~「改憲許すな!戦争法を廃止へ!」おおさか総がかり集会@うつぼ公園

2015年9月19日、安倍政権による立憲主義の蹂躙から1年。

改憲勢力は、国会の3分の2を占め、その動きを大きくしている。

沖縄ではオール沖縄の願いに、権力が暴力をあびせつづけている。

私たちは許さない。私たちはあきらめない。


●9月19日(月・祝)  午後2時~うつぼ公園(東園)(地下鉄本町28番北へ5分 地下鉄阿波座1番北へ、2筋目を右折10分 http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/cmsfiles/contents/0000193/193863/test2.jpg) 集会後、難波に向け、御堂筋パレード

『9.19おおさか総がかり集会&パレード』
改憲許すな! 戦争法を廃止へ!

連絡先:
大阪憲法会議・共同センター ℡.06-6352-2923
戦争をさせない1000人委員会 ℡.06-6351-0793
市民共同オフィスSORA    ℡.06-7777-4935 
《 E・mail 》 info@so-gakari-osaka.net

 

フェイスブックイベントページ

https://www.facebook.com/events/1774938066096622/

 

f:id:himitsulock:20160901224409j:plain

9/6(火)18時半~戦争あかん!ロックアクション集会&デモ@中之島公園水上ステージ

2014年1月に毎月のロックアクションを始めてから、はや2年と9か月になろうとしています。
この間、暴走を続ける安倍政権によってたくさんのろくでもないことがこの国で起こり、そして私たちの声は無視され続けてきました。
それでもこの国の未来を絶対にあきらめられない多くの人たちが、日本全国でめげずに声を上げ続けています。

闘いがある限り、希望はある。
勝つことは、あきらめないこと。

粘り強く声を上げ続けましょう!!

●9月6日(火) 18時半~中之島公園水上ステージ(中央公会堂前)(地下鉄淀屋橋・北浜5分 京阪なにわ橋1分)
9.6戦争あかん!ロックアクション集会&デモ

アピール
 共謀罪について
 TPPについて
 日米共同軍事演習について
 沖縄 高江報告
 伊方原発再稼働について
 他

音楽 
 Swing MASAさん(サックス)

★サウンド隊大募集!鳴り物もって参加してくださいね。

フェイスブックイベントページ

https://www.facebook.com/events/562053287330864/

 

f:id:himitsulock:20160901221816j:plain

 

8/19(金)18時半~8.19おおさか総がかり19行動@なんば高島屋前

f:id:himitsulock:20160816180607j:plain

毎月19日のおおさか総がかり19行動。
8月は憲法会議が主管団体となり、なんば高島屋前の街宣を行います。
改憲勢力が2/3を占め、憲法改正の危機が目前に迫っているいま、粘り強く「戦争法を廃止へ!」「憲法こわすな!」の声を上げ続けましょう。

 

●8月19日(金) 
18:30~19:30 なんば高島屋
8.19おおさか総がかり19行動@なんば高島屋

主催:大阪総がかり行動実行委員会
連絡先:
 大阪憲法会議・共同センター ℡.06-6352-2923
 戦争をさせない1000人委員会 ℡.06-6351-0793
 市民共同オフィスSORA ℡.06-7777-4935
《 E・mail 》 info@so-gakari-osaka.net
https://www.facebook.com/events/1665882167071719/


※9/19(月休)は戦争法強行可決一年。14時~(予定)、うつぼ公園で大集会&デモがあります。

緊急事態条項は「憲法停止ボタン」―安倍はいつでもこのボタンを押せる。

2016年7月6日のロックアクションで、永嶋弁護士より「緊急事態条項」についてたいへんわかりやすいお話しをいただきました。文字起こしを掲載します。

 

簡単なまとめ(まとめ文責はblog管理人)

憲法に緊急事態条項が盛り込まれ、実際に発動されたらどうなるか。


●政府は国会を通さず、国会がつくった法律と同じ効力を持つ「政令=政府の命令」をつくることができる。

●つまり、政府は今まで作られた法律を無視して、法律に従うことなく行政をおこなうことができる。
●秘密法も戦争法も盗聴法改悪も、政府は国会で通すのに苦労した。しかしそんな苦労は一切なくなり、共謀罪も、法律を作らなくても、国会で議論しなくても、政府の命令で作ってしまうことができる。

※どんなときに緊急事態条項を発動?

たとえば日本海にミサイルが飛んだ、地下鉄でサリンがまかれた、ストライキやデモやインフルエンザ、そういうときに緊急事態条項を発動して憲法を停止すると決めることが可能になります。


以下、永嶋弁護士のお話し。音声のみですが、ぜひお聞きください。文字起こしもどうぞ。

http://bit.ly/29PPg4K
 f:id:himitsulock:20160802154506j:plain

  (写真は4月6日に行われたロックアクションより)


<緊急事態条項は「憲法停止ボタン」> 
                               

永嶋靖久弁護士

 

憲法に「停止ボタン」をつける、それが緊急事態条項の意味です。それを押すと、憲法が音を立てて止まってしまう。安倍晋三は、いつでもその停止ボタンを押せる、そういうものだと考えて下さい。


もうすこし詳しく言います。4年前に自民党が発表した『日本国憲法改正草案』(以下、改憲草案)には、今の憲法にない緊急事態条項というのがあります。一定の場合に、内閣総理大臣は緊急事態を宣言できる。

緊急事態を宣言するとどうなるか。内閣は、国会がつくった法律と同じ効力を持つ「政令=政府の命令」をつくることができるようになります。
内閣は財政上の支出、その他必要な処分をおこない、地方自治体の長に必要な指示を出すことができる。何人もだれでも皆、国あるいは公共機関、市役所だとか消防だとか警察の指示に従わなければならないとなっています。


今の憲法では、一番上に憲法があって、憲法に違反しないように法律を国会がつくって、その法律に違反しないように内閣は政府の命令をつくって行政をおこなうとなっています。これは近代国家の最低限の常識です。

では、内閣が、「法律と同じ効力を持つ、政府の命令」を作るとはどういうことか。それは政府が今ある、今まで作られた法律を無視してもよいということ。法律に従うことなく行政をおこなうことができる。そういうことです。

戦争法や盗聴法改悪は、あのような国会でも通すのに政府は大変苦労しました。
今後は緊急事態を宣言してしまえば、そんな苦労は一切なくなる。共謀罪も、法律を作らなくても、国会で議論しなくても、政府の命令で作ってしまうことができる。それが「緊急事態」です。

改憲草案には「緊急事態の政府の命令は国民の基本的人権を尊重しないといけない」、そういうふうにわざわざ書いてあります。まさに基本的人権を侵害するからです。考えてみてください。

緊急事態を宣言すると、国民の人権を市民の人権を侵害しているかどうか、安倍晋三が判断する。彼だけが判断するようになる。まさに「憲法の停止」と言うしかない。

では、どんな時に憲法の停止ボタンを押せるのか。改憲草案では「外国からの武力攻撃、内乱など社会秩序の混乱、大地震など大規模な自然災害、その他法律が定める場合に緊急事態を宣言する」となっています。


戦争、内乱、災害、その他法律で決める場合、国会で、去年戦争法を決めたみたいにどつきあいをして、たとえば日本海にミサイルが飛んだ、地下鉄でサリンがまかれた、ストライキやデモやインフルエンザ、そういうときに憲法を停止できる、そう決めることが可能になります。

 

そもそも今はもう、日本という国では日本版NSC国家安全保障会議)が密室のなかで、どういう理由でなのか誰にも明らかにしないまま戦争を始めることができるわけです。

 

戦争を始めてしまえば、憲法の停止ボタンを押せる、そういうふうに憲法を変えようとしている。

熊本地震の時に菅官房長官が緊急事態条項の話をしました。しかし、憲法が大規模な災害の対策に邪魔ですか? 東北大震災の時のようなことが起これば、憲法を停止しないといけないのでしょうか。そんなことは絶対にないと思います。

 

4年前、(選挙で)自民党が勝ったときに、まず最初に96条改憲というのを持ち出しました。これは改憲の手続きを、今だと国会の3分の2が必要だけれどもそれを2分の1にして、もっと簡単に憲法を変えましょうと、そういう提案をした。これが、めちゃくちゃ評判悪いからいつのまにか消えてしまって、次にしたのは、閣議で憲法の解釈を変えて戦争法をつくる。これもめちゃくちゃ評判が悪くて、10何万人もが国会を取り囲んだ。
それで出てきたのが「憲法の停止」だったんです。

結局この議論は、どこからどうやってこの憲法を壊してしまうか、そういう議論でしかないということをはっきり頭に入れておかないといけない。

緊急事態条項というのは、言葉は難しいですが、ようするに憲法の「停止ボタン」です。安倍晋三が好きな時に押せる憲法の停止ボタン。そんなものを付けさせていいのか。

で、この選挙。自民党公明党が勝ってしまうと、改憲勢力が3分の2を超えてしまうと彼らは、いま私が話ししたようなことを進めていく。いま口にしないけど、まちがいなく進めていくだろうと思います。絶対にそんなことをさせてはいけない。頑張りましょう。 
(文責・題名ともロックアクション事務局)

 

f:id:himitsulock:20160801163936j:plain

 

8/6(土)16時~戦争あかん!ロックアクションサウンドデモ@本町新阿波座公園

f:id:himitsulock:20160724174057j:plain

野党共闘は一定の成果を上げたものの、改憲勢力による2/3議席獲得を阻止できなかった7月の参院選。そして大阪と兵庫は、改憲派にすべての議席を奪われるという厳しい結果に終わりました。
何が足りなかったのか。どこに問題があったのか。
参院選の問題点を振り返りつつも、後ろばかり見て立ち止まっている時間はありません。

戦争法も秘密法も廃止! 憲法こわすな!
ロックアクションはこれからも毎月元気な声を上げていきます。

8月6日は広島原爆の日。戦争はぜったいあかん!の思いを込めて、御堂筋でサウンドデモをおこないます。
人通りの多い夕方の御堂筋。心にしみるサウンドと元気なコールに乗せて、戦争いやや!憲法変えるな!の思いを沿道のみなさんに訴えましょう。

●8月6日(土) 16時~新阿波座公園 16時45分
サウンドデモ出発 元町中公園まで
四つ橋線「本町」23番出口すぐ)...

戦争あかん!
ロックアクションサウンドデモ

★集会アピール(予定)
 選挙結果とこれからの動き
 沖縄・高江の現状について
 京丹後Xバンドレーダーについて
 慰安婦問題
 大阪の水道民営化問題
★音 楽
 Swing MASA
 たけちゃん
 アカリトバリ
★サウンド隊大募集!!
★今回も赤とピンクの風船をたくさん用意していきます。
早く来られる方は、風船ふくらまし隊にご参加お願いします(^^♪
★明るい色の服で、見た目も楽しいデモにしましょう。

f:id:himitsulock:20160724174129j:plain

 

7/19(火)「7.19おおさか総がかり19行動」18時~@ヨドバシカメラ前やります!

f:id:himitsulock:20160715124435j:plain


参議院選挙が終わりました。
大阪は改憲派に4議席とも奪われるという残念な結果に終わりましたが、嘆いている時間はありません。

7月19日は、参議院選挙後初めての総がかり行動街頭宣伝です。安倍政権のだまし討ちのような改憲の動きに毅然と反対し、ひきつづき安保法制の廃止と立憲主義の回復を求めて、粘り強く声をあげていきましょう。

 

7月の担当は、市民団体。

しないさせない戦争協力関西ネットワーク、とめよう改憲!おおさかネットワーク、そして戦争あかん!ロックアクションによるプロデュースです。

 

●7月19日(火) 

18時~19時 梅田ヨドバシカメラ前南側

7.19おおさか総がかり19行動

 

 

◇ゲスト
伊地 知紀子さん(違憲安全保障法に反対する大阪市立大学有志の会)
おだち源幸さん
わたなべ結さん
Swing MASAさん(サックスプレーヤー)

◇アピール

しないさせない戦争協力関西ネットワーク
戦争あかん!ロックアクション
戦争させない1000人委員会
大阪憲法会議
とめよう改憲!おおさかネットワーク

 

主催:おおさか総がかり行動実行委員会

主管:しないさせない戦争協力関西ネットワーク・とめよう改憲!おおさかネットワーク・戦争あかん!ロックアクション

連絡先:
大阪憲法会議・共同センター ℡.06-6352-2923
戦争をさせない1000人委員会 ℡.06-6351-0793
市民共同オフィスSORA ℡.06-7777-4935 
《 E・mail 》
info@so-gakari-osaka.net

 

f:id:himitsulock:20160715124453j:plain

f:id:himitsulock:20160715124500j:plain