読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦争あかん!ロックアクション ―戦争法・秘密法廃止!―

【戦争あかん!ロックアクション ―戦争法・秘密法廃止!― 】戦争法強行可決を認めない!戦争法・秘密法廃止へ向けて、ロックアクションはこれまでの団体名を変更、リニューアル再スタートします。

8/19(金)18時半~8.19おおさか総がかり19行動@なんば高島屋前

f:id:himitsulock:20160816180607j:plain

毎月19日のおおさか総がかり19行動。
8月は憲法会議が主管団体となり、なんば高島屋前の街宣を行います。
改憲勢力が2/3を占め、憲法改正の危機が目前に迫っているいま、粘り強く「戦争法を廃止へ!」「憲法こわすな!」の声を上げ続けましょう。

 

●8月19日(金) 
18:30~19:30 なんば高島屋
8.19おおさか総がかり19行動@なんば高島屋

主催:大阪総がかり行動実行委員会
連絡先:
 大阪憲法会議・共同センター ℡.06-6352-2923
 戦争をさせない1000人委員会 ℡.06-6351-0793
 市民共同オフィスSORA ℡.06-7777-4935
《 E・mail 》 info@so-gakari-osaka.net
https://www.facebook.com/events/1665882167071719/


※9/19(月休)は戦争法強行可決一年。14時~(予定)、うつぼ公園で大集会&デモがあります。

緊急事態条項は「憲法停止ボタン」―安倍はいつでもこのボタンを押せる。

2016年7月6日のロックアクションで、永嶋弁護士より「緊急事態条項」についてたいへんわかりやすいお話しをいただきました。文字起こしを掲載します。

 

簡単なまとめ(まとめ文責はblog管理人)

憲法に緊急事態条項が盛り込まれ、実際に発動されたらどうなるか。


●政府は国会を通さず、国会がつくった法律と同じ効力を持つ「政令=政府の命令」をつくることができる。

●つまり、政府は今まで作られた法律を無視して、法律に従うことなく行政をおこなうことができる。
●秘密法も戦争法も盗聴法改悪も、政府は国会で通すのに苦労した。しかしそんな苦労は一切なくなり、共謀罪も、法律を作らなくても、国会で議論しなくても、政府の命令で作ってしまうことができる。

※どんなときに緊急事態条項を発動?

たとえば日本海にミサイルが飛んだ、地下鉄でサリンがまかれた、ストライキやデモやインフルエンザ、そういうときに緊急事態条項を発動して憲法を停止すると決めることが可能になります。


以下、永嶋弁護士のお話し。音声のみですが、ぜひお聞きください。文字起こしもどうぞ。

http://bit.ly/29PPg4K
 f:id:himitsulock:20160802154506j:plain

  (写真は4月6日に行われたロックアクションより)


<緊急事態条項は「憲法停止ボタン」> 
                               

永嶋靖久弁護士

 

憲法に「停止ボタン」をつける、それが緊急事態条項の意味です。それを押すと、憲法が音を立てて止まってしまう。安倍晋三は、いつでもその停止ボタンを押せる、そういうものだと考えて下さい。


もうすこし詳しく言います。4年前に自民党が発表した『日本国憲法改正草案』(以下、改憲草案)には、今の憲法にない緊急事態条項というのがあります。一定の場合に、内閣総理大臣は緊急事態を宣言できる。

緊急事態を宣言するとどうなるか。内閣は、国会がつくった法律と同じ効力を持つ「政令=政府の命令」をつくることができるようになります。
内閣は財政上の支出、その他必要な処分をおこない、地方自治体の長に必要な指示を出すことができる。何人もだれでも皆、国あるいは公共機関、市役所だとか消防だとか警察の指示に従わなければならないとなっています。


今の憲法では、一番上に憲法があって、憲法に違反しないように法律を国会がつくって、その法律に違反しないように内閣は政府の命令をつくって行政をおこなうとなっています。これは近代国家の最低限の常識です。

では、内閣が、「法律と同じ効力を持つ、政府の命令」を作るとはどういうことか。それは政府が今ある、今まで作られた法律を無視してもよいということ。法律に従うことなく行政をおこなうことができる。そういうことです。

戦争法や盗聴法改悪は、あのような国会でも通すのに政府は大変苦労しました。
今後は緊急事態を宣言してしまえば、そんな苦労は一切なくなる。共謀罪も、法律を作らなくても、国会で議論しなくても、政府の命令で作ってしまうことができる。それが「緊急事態」です。

改憲草案には「緊急事態の政府の命令は国民の基本的人権を尊重しないといけない」、そういうふうにわざわざ書いてあります。まさに基本的人権を侵害するからです。考えてみてください。

緊急事態を宣言すると、国民の人権を市民の人権を侵害しているかどうか、安倍晋三が判断する。彼だけが判断するようになる。まさに「憲法の停止」と言うしかない。

では、どんな時に憲法の停止ボタンを押せるのか。改憲草案では「外国からの武力攻撃、内乱など社会秩序の混乱、大地震など大規模な自然災害、その他法律が定める場合に緊急事態を宣言する」となっています。


戦争、内乱、災害、その他法律で決める場合、国会で、去年戦争法を決めたみたいにどつきあいをして、たとえば日本海にミサイルが飛んだ、地下鉄でサリンがまかれた、ストライキやデモやインフルエンザ、そういうときに憲法を停止できる、そう決めることが可能になります。

 

そもそも今はもう、日本という国では日本版NSC国家安全保障会議)が密室のなかで、どういう理由でなのか誰にも明らかにしないまま戦争を始めることができるわけです。

 

戦争を始めてしまえば、憲法の停止ボタンを押せる、そういうふうに憲法を変えようとしている。

熊本地震の時に菅官房長官が緊急事態条項の話をしました。しかし、憲法が大規模な災害の対策に邪魔ですか? 東北大震災の時のようなことが起これば、憲法を停止しないといけないのでしょうか。そんなことは絶対にないと思います。

 

4年前、(選挙で)自民党が勝ったときに、まず最初に96条改憲というのを持ち出しました。これは改憲の手続きを、今だと国会の3分の2が必要だけれどもそれを2分の1にして、もっと簡単に憲法を変えましょうと、そういう提案をした。これが、めちゃくちゃ評判悪いからいつのまにか消えてしまって、次にしたのは、閣議で憲法の解釈を変えて戦争法をつくる。これもめちゃくちゃ評判が悪くて、10何万人もが国会を取り囲んだ。
それで出てきたのが「憲法の停止」だったんです。

結局この議論は、どこからどうやってこの憲法を壊してしまうか、そういう議論でしかないということをはっきり頭に入れておかないといけない。

緊急事態条項というのは、言葉は難しいですが、ようするに憲法の「停止ボタン」です。安倍晋三が好きな時に押せる憲法の停止ボタン。そんなものを付けさせていいのか。

で、この選挙。自民党公明党が勝ってしまうと、改憲勢力が3分の2を超えてしまうと彼らは、いま私が話ししたようなことを進めていく。いま口にしないけど、まちがいなく進めていくだろうと思います。絶対にそんなことをさせてはいけない。頑張りましょう。 
(文責・題名ともロックアクション事務局)

 

f:id:himitsulock:20160801163936j:plain

 

8/6(土)16時~戦争あかん!ロックアクションサウンドデモ@本町新阿波座公園

f:id:himitsulock:20160724174057j:plain

野党共闘は一定の成果を上げたものの、改憲勢力による2/3議席獲得を阻止できなかった7月の参院選。そして大阪と兵庫は、改憲派にすべての議席を奪われるという厳しい結果に終わりました。
何が足りなかったのか。どこに問題があったのか。
参院選の問題点を振り返りつつも、後ろばかり見て立ち止まっている時間はありません。

戦争法も秘密法も廃止! 憲法こわすな!
ロックアクションはこれからも毎月元気な声を上げていきます。

8月6日は広島原爆の日。戦争はぜったいあかん!の思いを込めて、御堂筋でサウンドデモをおこないます。
人通りの多い夕方の御堂筋。心にしみるサウンドと元気なコールに乗せて、戦争いやや!憲法変えるな!の思いを沿道のみなさんに訴えましょう。

●8月6日(土) 16時~新阿波座公園 16時45分
サウンドデモ出発 元町中公園まで
四つ橋線「本町」23番出口すぐ)...

戦争あかん!
ロックアクションサウンドデモ

★集会アピール(予定)
 選挙結果とこれからの動き
 沖縄・高江の現状について
 京丹後Xバンドレーダーについて
 慰安婦問題
 大阪の水道民営化問題
★音 楽
 Swing MASA
 たけちゃん
 アカリトバリ
★サウンド隊大募集!!
★今回も赤とピンクの風船をたくさん用意していきます。
早く来られる方は、風船ふくらまし隊にご参加お願いします(^^♪
★明るい色の服で、見た目も楽しいデモにしましょう。

f:id:himitsulock:20160724174129j:plain

 

7/19(火)「7.19おおさか総がかり19行動」18時~@ヨドバシカメラ前やります!

f:id:himitsulock:20160715124435j:plain


参議院選挙が終わりました。
大阪は改憲派に4議席とも奪われるという残念な結果に終わりましたが、嘆いている時間はありません。

7月19日は、参議院選挙後初めての総がかり行動街頭宣伝です。安倍政権のだまし討ちのような改憲の動きに毅然と反対し、ひきつづき安保法制の廃止と立憲主義の回復を求めて、粘り強く声をあげていきましょう。

 

7月の担当は、市民団体。

しないさせない戦争協力関西ネットワーク、とめよう改憲!おおさかネットワーク、そして戦争あかん!ロックアクションによるプロデュースです。

 

●7月19日(火) 

18時~19時 梅田ヨドバシカメラ前南側

7.19おおさか総がかり19行動

 

 

◇ゲスト
伊地 知紀子さん(違憲安全保障法に反対する大阪市立大学有志の会)
おだち源幸さん
わたなべ結さん
Swing MASAさん(サックスプレーヤー)

◇アピール

しないさせない戦争協力関西ネットワーク
戦争あかん!ロックアクション
戦争させない1000人委員会
大阪憲法会議
とめよう改憲!おおさかネットワーク

 

主催:おおさか総がかり行動実行委員会

主管:しないさせない戦争協力関西ネットワーク・とめよう改憲!おおさかネットワーク・戦争あかん!ロックアクション

連絡先:
大阪憲法会議・共同センター ℡.06-6352-2923
戦争をさせない1000人委員会 ℡.06-6351-0793
市民共同オフィスSORA ℡.06-7777-4935 
《 E・mail 》
info@so-gakari-osaka.net

 

f:id:himitsulock:20160715124453j:plain

f:id:himitsulock:20160715124500j:plain



 

7/6(水)18時半~戦争あかん!ロックアクション★選挙中でも、デモやります

7.10 GO VOTE!

f:id:himitsulock:20160701071402j:plain

参院選の投票日が迫ってきました。残すはあと10日。

毎月6日のロックアクションは、今回参院選投票日の直前になりますが、選挙中でも断固としてデモをやります!!


今回の選挙、もし改憲派が2/3を取ってしまったら、そのあとに待っているのはどんな社会でしょう。
でも、危機感を感じているのはごく一部のひとたち。多くの有権者が無関心だったり、危機感を感じていなかったり、あきらめてしまっていたり。
残念ですが、それが現実です。


みなさん、それぞれ選挙ボランティアや街宣の応援で忙しくされていることと思いますが、基本に立ち返って、戦争法や緊急事態条項の危なさを、沿道の人に向かって訴えましょう!


●7月6日(水) 18時半~中之島公園水上ステージ
(中央公会堂前 京阪なにわ橋1分 北浜・淀屋橋5分)

戦争あかん!ロックアクション集会&デモ
戦争にNO!選挙にGO!


★サウンド隊大募集

f:id:himitsulock:20160701071439j:plain

 

「おおさか総がかり19行動」6/19(日)13時~@うつぼ公園 主催:SEALDs関西 

3月から毎月持ち回り式で行われてきた「おおさか総がかり19行動」。
6月はいよいよ「
SEALDs関西」の登場です。

 f:id:himitsulock:20160618005319j:plain


【自由と民主主義のためのGO VOTE ACTION】


《日時》
6/19(sun) 
集会開始 13:00~ デモ出発 13:15~


《場所》
大阪 靭(うつぼ)公園 東園の広場
http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000193863.html
(1) 大阪市営地下鉄 「本町」駅28号出口から徒歩約5分
(2) 大阪市営地下鉄阿波座」駅1号出口から徒歩約10分


《詳細》
今年の7月10日には、参議院選挙があります。選挙は政治参加の重要な方のひとつです。

私たちの日常生活は政治と直結しています。
この国の根幹である憲法を今変えるのか、これ以上増税するのか、奨学金を借りなくても教育を受けられるようにするのか、最低賃金を上げるのか。
選挙を通して、私たちは政治を変えることができます。選挙を通して、私たちは今の社会を変えることができます。選挙を通して、私たちは大切なものを守ることができます。
「どうせ何も変わらない」と言う前に、あなたの一票で未来への可能性を作り出しましょう。

あなたの一票は、決して無駄ではありません。民主主義を実現させるのは、他の誰でもないこの国に住む一人一人です。選挙に参加することもそのための大事な一歩です。

私たちは、多くの有権者が選挙に参加することを求めるために、デモを行います。


主催:SEALDs関西
共催:ストップ辺野古アクション/大阪総がかり行動実行委


FBイベントページ

https://www.facebook.com/events/2053365864888517/?active_tab=posts

 

SEALDs関西より《諸注意》
-団体旗、幟は禁止させて頂きます。
-デモの趣旨に反するプラカードや主張はおやめ下さい。
-徹底的に非暴力でお願いします。
-公園内での鳴り物の使用はお控え下さい。



☆6.5おおさか総がかり大行動より☆
ロックアクションも、バナーと幟を持って参加。
ミナセンの幟も(^^)

f:id:himitsulock:20160618012640j:plain

f:id:himitsulock:20160618012718j:plain



 

6/5(日)16時半~6.5おおさか総がかり大行動@ヨドバシカメラ前―明日を決めるのは私たち―

6月5日(日曜日)、全国で総がかり大行動が呼びかけられています。

このアクションに連帯して、大阪でも6.5おおさか総がかり大行動@ヨドバシカメラ前を行います。

f:id:himitsulock:20160527034650j:plain


 

戦争を可能にする法律を廃止しましょう。
格差・貧困を広げ、命をないがしろにする政治は変えましょう。
6月5日。市民が立ち上がり、戦争法廃止、安倍政権退陣で、私たちの未来を切り開きましょう。


●6月5日(日) 16:30~17:30 ヨドバシカメラ周辺
明日を決めるのは私たち―政治を変えよう
6.5おおさか総がかり大行動


〇4野党からのスピーチ
〇国会前行動と連帯して一斉スタンディング・コール
〇実行委員会団体よりアピール
〇国会前行動と連帯して一斉スタンディング・コール 

★17:00~府内主要駅・各地域に府下一斉スタンディングを呼びかけます。

主催:大阪総がかり行動実行委員会
問い合わせ:大阪憲法会議・共同センター ℡.06-6352-2923
戦争をさせない1000人委員会 ℡.06-6351-0793
市民共同オフィスSORA ℡.06-7777-4935
E-mail 
info@so-gakari-osaka.net

FBイベントページ:https://www.facebook.com/events/1746715848905832/

HP:http://www.so-gakari-osaka.net/
 

そして6月19日(日)の総がかり行動は、SEALDs関西の主催です!!

選挙に向けて、みんなで大きな声を上げよう!
f:id:himitsulock:20160527032244j:plain